男性型脱毛症(AGA)|伊丹市の耳鼻科なら幅広く耳・鼻・喉の病気の診察を行う佐藤耳鼻咽喉科までお気軽にご相談ください。

0727838007

平日 9:00~12:00 / 16:00~19:00 ※土曜は12:00まで
休診日 土曜午後・日曜・祝日

男性型脱毛症(AGA)

男性型脱毛症の症状

男性型脱毛症(AGA)は進行性なので、はやめのケアが大切です。

AGAとは、男性に最も多くみられる脱毛症で「男性型脱毛症」の略です。AGAは、他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、進行していくのが特徴です。一般的に遺伝などが関係すると言われています。
AGAは進行性で、何もしないでいると徐々に進んでいきます。進行を抑えるためには早めのケアが大切です。うす毛・抜け毛が気になっている方は、あきらめず早めにご相談ください。

こんな人は要注意です。

  • 両親、兄弟、祖父母に髪の薄い人がいる。
  • 思春期より後になってから抜け始め、徐々にうす毛が進行している。
  • シャンプーやブラッシングした時の抜け毛や、枕元に残った抜け毛が多くなり気になる。
  • 額の生え際が後退してきた。
  • 頭頂部の髪の毛がうすくなった。
  • 額の生え際と頭頂部の両方が抜け始めた。
  • うぶ毛のような細くて短い髪の毛が多くなり、ハリ・コシがなくなった。

当院の治療方法

まずカウンセリングを行います。薄毛の状況をチェックし、疑問や不安について話をお伺いし、治療法や費用について説明致します。

当院では内服薬治療を行っております。内服薬治療はAGAの進行を抑える、発毛を促す目的で薬を服用するという治療法です。
当院では「ザガーロ」・「プロペシア」を処方しております。

「プロペシア」は、元々前立腺肥大症の治療薬であった“フィナステリド”を有効成分としてAGA治療薬に使用しました。「プロペシア」は、AGAの原因であるDHT(脱毛男性ホルモン)を生成する5αリダクターゼを阻害する働きがあり、AGAの症状改善効果があります。

「ザガーロ」は、“デュタステリド”が含まれている内服薬です。
“デュタステリド”はプロペシアの主成分である“フィナステリド”と同様に、AGA発症要因となるDHT(脱毛男性ホルモン)を抑制する医薬品成分です。
その脱毛抑制効果は“フィナステリド”よりも高いという臨床データがあり、実際に個人輸入やAGA専門医師からの処方による利用者統計では非常に効果的な改善例が多数示されています。

「プロペシア」は5αリダクターゼのⅡ型しか阻害しませんが、“デュタステリド”を含む「ザガーロ」は5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型双方を阻害する為、より高いAGA改善効果が期待できると言われています。

治療期間と効果

治療期間 期待される効果
開始~3ヶ月
  • 抜け毛の減少
  • 生え際にうぶ毛が目立つ
4ヶ月~6ヶ月
  • うぶ毛が太くなり、伸びる
  • うす毛が目立たなくなりはじめる
6ヶ月~1年
  • 明らかな抜け毛の減少
  • 後退していた生え際が前進する
  • 毛髪のボリュームを感じる
  • 4人に1人は、効果を実感する
1年~3年
  • うす毛が徐々に減る
  • 4人に3人は効果を実感する
  • それまでに改善がなかった部位でも改善
4年以降
  • 改善した毛髪が維持される

ページトップへ戻る