耳・鼻・喉の病気は兵庫県伊丹市の佐藤耳鼻咽喉科へ

電話 072-783-8007
午前9:00~12:00 午後16:00~19:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

携帯電話・パソコンから診察予約ができます

耳の病気

耳の症状
  • 子供が「耳が痛い」と泣いている
  • 耳の中がキーンとする
  • めまいがする
  • 耳たぶをひっぱると痛い
  • 周りの音や声が聞こえにくい

中耳炎

急性中耳炎

細菌による化膿性炎症で、鼓膜の内側の空間である中耳に炎症が起きた状態です。ほとんどの場合かぜをひいたあとにのどや鼻にいるウイルスや細菌が耳管を通って中耳に感染して起こります。副鼻腔炎など鼻の粘膜に炎症を起こす病気が誘因になることもあります。急性中耳炎を繰り返すと、やっかいな滲出性中耳炎になることがあります。
耳が痛み、聞こえが悪くなったり、耳だれがでることがあります。小さな子どもでは耳痛を訴えず発熱のみのこともありますので、耳を気にしている様子がみられる時早目に診察を受けましょう。

慢性中耳炎

急性中耳炎がひどくなると鼓膜に穴があき、なかにある膿を出し炎症を治そうとするはたらきがあります。この時にあいた穴は自然に閉じますが、中耳炎を繰り返したり治り方が不十分だとこの穴が閉じなくなります。鼓膜に穴があいているため、外耳道を通して中耳に汚い水が入ったり、風邪をひくなどにより耳管を通して細菌感染が中耳に起こり、耳だれを繰り返すなどの症状がでます。これが慢性中耳炎です。
鼓膜に穴があいているため音が伝わりにくくなる上、耳小骨の周囲に炎症が及び、耳小骨の動きも悪くなります。その結果、難聴が出現します。内耳にも影響を及ぼすと、内耳性難聴やめまいが出現してくることになります。

滲出性中耳炎

中耳腔内に滲出液がたまり軽度から中等度の難聴をきたします。幼小児の難聴では一番多く、幼小児では急性中耳炎から滲出性中耳炎に移行しやすくなります。アデノイド、副鼻腔炎なども原因になります。放置すると鼓膜が鼓室粘膜と癒着したり、真珠腫性中耳炎に至ることがあります。成人では上咽頭の腫瘍や加齢によって耳管を広げる筋肉の減少による耳管狭窄などが原因となります。

外耳炎

耳掻きのしすぎ(耳垢除去や外耳湿疹など)により細菌感染をおこし、外耳道が発赤・腫脹したもの。主な症状は耳痛で、咀嚼時や耳介を引っ張ると非常に痛みを感じます。発赤・腫脹が著しくなると難聴や耳閉塞感も伴うこともあります。

突発性難聴

明らかな原因やきっかけがなく、ある時突然に通常一側の耳が聞こえなくなる病気です。耳鳴りや耳閉感を伴い、時にめまいを伴うことがあります。感音性難聴ですが、早期に治療を開始すれば聴力回復の可能性が高いのでなるべく早く受診する必要があります。原因は不明ですが、ウイルス感染、循環障害、免疫の関与などが考えられています。 睡眠不足、生活の不規則な人、糖尿病、疲労、多量の飲酒がリスクとなります。

顔面神経麻痺

大きく特発性顔面神経麻痺(ベル麻痺)とラムゼイハント症候群に分けられます。ベル麻痺の原因は不明であるが近年は単純ヘルペスウィルスの再活性化が実証されています。ラムゼイハント症候群は水痘帯状ウィルスの再活性化によるとされており難聴・耳鳴り・めまいなどを伴うことがあります。

メニエール病

目が回って、立っていられない。周りの景色がぐるぐる回るなどの回転性めまいとともに、耳鳴りや難聴、耳閉感などの症状があればメニエール病の疑いがあります。 メニエール病は、耳の奥の内耳に内リンパ水腫という異常が起こり、めまいや耳鳴り・難聴の症状があらわれる病気です。吐き気や嘔吐が伴うことがあります。 難聴が変動性でめまいに先行して中低音部中心に悪化し、めまい軽快とともに改善するのが特徴です。年齢的には30~50歳代の働き盛りに多い病気です。ストレスなど精神的な要因がメニエール病の発病に深く関わっていると考えられています。ある期間をおいて再びめまいや耳鳴り、難聴発作を繰り返すのが特徴です。

良性発作性頭位性めまい症

寝返りや起床時に急に起こる回転性のめまいです。めまいの持続時間は数秒から数分程度、じっとしていればめまいが止まる、繰り返しているうちにめまいが軽くなっていくなどが特徴です。耳鳴り、難聴の症状は伴いません。内耳の前庭にある耳石器の耳石という小さい粒子が脱落し半規管に入り込むことにより起こります。治療が半規管に入った耳石を出すためにむしろめまいを起こす頭位を繰り返す平衡訓練が有効です。

頸性めまい

頸部を回す・ひねる・伸ばすなどの動作によっておこり、一過性であるが何度も繰り返す傾向があります。回転性めまいが多く、気が遠くなるような感じがすることもあるが、聴力低下や耳鳴りを伴うことは少ない。原因としては椎骨動脈血流障害・頸椎骨棘形成による椎骨動脈圧迫・交感神経の異常が考えられています。

ページトップへ戻る