耳・鼻・喉の病気は兵庫県伊丹市の佐藤耳鼻咽喉科へ

電話 072-783-8007
午前9:00~12:00 午後16:00~19:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

携帯電話・パソコンから診察予約ができます

睡眠時無呼吸症候群

よい睡眠で健康的な生活を!

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome、略称SAS)とは、睡眠中に呼吸が止まることを繰り返し、そのたび血中の二酸化炭素濃度が上昇するため、脳が低酸素状態になるため睡眠が浅くなります。
そのため、日中の眠気、倦怠感、運転中のいねむりにより仕事に支障をきたしたり、交通事故などを起こすことがあります。また生活習慣病と密接な関係があり不整脈、高血圧、脳梗塞などの原因となったり、あるいは症状を悪化させます。睡眠中に10秒以上の呼吸停止(無呼吸)が1時間に5回以上ある場合、睡眠時無呼吸症候群とされます。いびきがうるさい、息が止まっていると言われる方は早めに適切な治療をすることが大切です。

こんな症状がある方は一度ご相談ください。

  • 睡眠時に呼吸がとまる
  • 毎晩いびきを
    かいている
  • 肥満症である
  • 日中の眠気、居眠り
  • 血圧が高い
  • 朝起きた時
    頭痛がする
  • 熟睡感がない
  • 夜、何度も
    トイレに起きる

睡眠時無呼吸症候群の原因・症状

睡眠中はのどの筋肉は弛緩しています。したがって仰臥位で寝ているとき重力で舌根部(舌の付け根)が気道へ落ち込み気道が狭くなり、いびきが生じます。完全に気道を閉塞すると、無呼吸をきたします。特に肥満で首のまわりに脂肪が多い人や、小児では、アデロイドや扁桃肥大が原因となります。また鼻閉をきたすアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症なども原因になります。
さらに、顎が小さい、下顎が後退している(小顎症)が原因となることもあります。やせていても顎が小さいことでSASになることがあります。

いびき

いびきは、気道が狭くなって笛のように気道壁が震えることによって生じます。
特に、無呼吸から呼吸が再開するときに大きないびきをかくことがあります。いびきをかいていると気持ちよく眠っているように見えるかもしれませんが、実際には気道が狭くなって空気の通りが悪い状態になっています。
一時的なものであれば問題ありませんが、慢性的ないびきがある場合には要注意です。

日中の眠気、熟睡感がない

本来の睡眠が取れず熟睡感がないため、日中ボーっとしたり、うとうとしやすくなったりします。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の方は、睡眠をとっているつもりでも実際、脳は休めていません。

集中力の低下

睡眠は脳と体を休める大切な時間です。
適切な睡眠をとれないと、集中力が欠け重大な事故を起こす恐れもあります。

夜中に何度もトイレに起きる

無呼吸により胸腔内圧の高度陰性化、心臓にもどってくる静脈血の増加により、睡眠中に心臓に負担がかかり利尿ホルモンが持続分泌することが原因の1つであると言われています。また通常、寝ている時は副交感神経が優位になっていますが、SASの場合、眠っている間でも脳が起きている状態になっているので交感神経が優位になっています。
尿は交感神経が優位になっている時に作られるので、夜間のトイレの回数が増えます。
ただ、中高年男性の場合は前立腺疾患ということも考えられます。

当院の検査と治療

当院では携帯型の睡眠ポリグラフを貸し出し、自宅にて検査を行っていただき、睡眠中の気管音、鼻呼吸のフロー、酸素飽和度を記録し、データーを解析し、重症度を判定しています。 とくに検査にて上気道(咽頭部)の閉塞による閉塞型睡眠時無呼吸症候群のかたで一定の基準を満たした方には、CPAP(continuous positive airway pressure、持続的陽圧呼吸療法)の治療を行っています。

CPAP(シーパップ)療法とは

CPAP(シーパップ)療法とは、鼻に装着した特殊なマスクから空気を送りこむことによって、ある一定の圧力を気道にかけ、閉塞を改善する方法です。効果も高く、副作用が少ないので、いびき・睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療方法として世界的に確立しています。高血圧などの合併症の予防、改善効果があることも立証されており、健康保険も適応されます。
※健康保険でCPAP療法を行うには、毎月1回、外来診察を受けていただく必要があります。

CPAP治療のメリット
  • 副作用がない
  • 高血圧などの合併症の予防、
    改善効果
  • 入院が必要ない
  • 健康保険適用

無呼吸・低呼吸・いびきの改善

気道が広がる為、これまでの閉塞による諸症状が改善されますので、ご家族やまわりの方に迷惑をかけないですみます。

睡眠の質の向上

無呼吸の状態が続くと、眠りが浅い状態となり、しっかり睡眠時間をとったとしても熟睡できていません。
朝の目覚めの際、すっきりした感じがとれず、日中に眠気を及ぼします。こうした状態を、元来の睡眠リズムに戻すことができます。

高炭酸ガス血症、低酸素血症などの改善

夜間に息をしていない状態でも、人間は常に体内で酸素を消費し続けております。
必然的に、酸素を吸い込こまないと、酸素が使われて二酸化炭素となりますので、こういった症状を改善します。

ページトップへ戻る