耳・鼻・喉の病気は兵庫県伊丹市の佐藤耳鼻咽喉科へ

電話 072-783-8007
午前9:00~12:00 午後16:00~19:00 休診日:土曜午後・日曜・祝日

携帯電話・パソコンから診察予約ができます

喉の病気

喉の症状
  • 喉が痛い
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • よく熱がでる
  • すぐ声が枯れる

扁桃炎

急性扁桃腺炎

急性扁桃腺炎とは、扁桃にウイルスや細菌が感染し、炎症がおこるものです。細菌の感染による場合が多く、特に溶血性連鎖球菌などの化膿菌によって発病するケースが多く見られます。健康な時は細菌が存在しても、防御する働きがあるので感染しませんが、風邪をひいたり、過労で抵抗力が落ちると、免疫力が低下し炎症をおこします。 症状として39〜40℃の高熱、悪寒、嚥下痛、扁桃の発赤と腫れなどがあらわれます。また、関節痛や首のリンパ節が腫れることもあります。喉の痛みが強く、食事や水分を摂りにくくなりますが、脱水症状をおこさないように水分は必ず摂取しなければいけません。消炎酵素剤、抗生物質、鎮痛解熱剤を投与して、安静にうがいを行っていれば、数日〜1週間ほどで治まります。扁桃炎を繰り返すようであれば、扁桃を切除する手術が行われる場合もあります。抵抗力を落とさない為にも、過労やストレスには気をつけ、十分な睡眠、栄養のある食事をしっかりとりましょう。また、過度の飲酒、喫煙は控え、喉を乾燥させないようにうがいを行いましょう。

扁桃周囲炎・扁桃周囲膿瘍

扁桃炎の炎症が悪化したり、治療が不完全なときに炎症が扁桃の周囲にまで及ぶことがあります。これを扁桃周囲炎と言います。扁桃周囲炎が悪化すると膿が溜まり扁桃周囲膿瘍になります。扁桃の片側だけに起こることが多く、高熱、咽喉の激しい痛み、嚥下痛で、口を開くことが困難になり、食事や水分を取りにくくなります。腫れがひどくなると、呼吸をするのも苦しくなります。 扁桃周囲膿瘍の治療の基本は、膿がたまっている部分を切開し、内部の膿を排出する手術が必要で、基本的に入院して行われます。排膿後も抗生物質やステロイド薬を数日間点滴します。

喉頭がん

喉頭がんは、声帯やその周辺に発生します。9割が中高年の男性で喫煙、飲酒が密接に関係しています。 声門にがんができると初期症状としてかすれ声(嗄声)が認められ自覚しやすいのです。そのため初期の段階で発見され9割は放射線療法で治癒します。

咽頭がん

上咽頭がん

上咽頭は鼻腔の後ろにあり高さは頭蓋底から口蓋まであります。側壁には耳管咽頭口があり中耳とつながっています。 上咽頭にできるがんで、EBウイルスの関与が指摘され、40〜60代の男性に多くみられます。初期には無症状ですが首のリンパ節に転移しやすい傾向にあります。上咽頭は耳や脳に近いので、片方の鼻閉や鼻汁が臭い、鼻出血、耳が塞がった感じや難聴をきたす滲出性中耳炎を起こします。 進行し頭蓋底を破壊し脳神経に及ぶと、頭痛や視力障害が起こります。治療は放射線治療と抗がん薬治療(化学療法)を組み合わせて行うのが一般的で、手術が第一選択になることはありません。

中咽頭がん

中咽頭は口を大きく開けた時、口の奥に見える場所で
  1. 軟口蓋(なんこうがい:口蓋垂と上あごの柔らかい部分)
  2. 扁桃
  3. 後壁(口の奥の突きあたりの壁)
  4. 舌根(ぜっこん:舌の付け根)
の、4つの部分をいいます。 中咽頭がんはパピローマウィルスの関与が大きいと言われています。初期症状は、食べ物を飲み込むときの違和感、しみる感じなどです。やがてのどの痛みや飲みにくさ、しゃべりにくさなどが少しづつ強くなり、さらに進行すると耐えられない痛み、出血、開口障害、嚥下障害、呼吸困難など生命に危険を及ぼす症状が出現してきます。

下咽頭がん

下咽頭は中咽頭の下方で食道の入口までの部分を言います。下咽頭がんはここに腫瘍ができたものです。のどがつまった感じや咽頭の違和感に始まり、嚥下痛、咽頭痛、声のかすれなどの症状が出ます。 下咽頭の中でも、梨状陥凹に出来るがんは男性に多く、喫煙や飲酒の多い人ほど発がんリスクが高くなります。直接肉眼的に見ることはできないので、内視鏡検査による観察が必要です。初診時にすでに転移や周りに浸潤した進行がんになっていることが多く、治療は手術療法が中心ですが、放射線や抗がん剤を併用することもあります。

声帯ポリープ

声の使い過ぎや炎症により声帯の粘膜上皮下に出血が起こり血腫が生じます。これがポリープです。 通常片側に発生します。両側の声帯にできることもあります。主に、女性よりも男性に多く見られますが、喫煙する女性は両側の声帯全体がポリープの様になりやすいです。また、声の乱用が原因といわれています。カラオケなどで長時間歌ったり、怒鳴り声、タバコの煙の刺激などによって起こるとされています。さらに、風邪などによる上気道炎が重なれば声帯全体が大きく腫れあがりポリープができやすくなります。声を酷使する職業の人(歌手、アナウンサー、教師)などに多く見られます。 声がれ(させい)が主症状ですが、のどの違和感や発声時の違和感などの症状を示すこともあります。ポリープが大きくなるとまれに呼吸困難をきたす場合があります。

声帯麻痺

声帯を動かす筋肉の動きを支配している神経が何らかの理由によって麻痺した結果、声帯が動かなくなってしまう状態を一般的に「声帯麻痺」と呼びます。 麻痺の原因としては、下咽頭がん、喉頭がん、脳の障害や首、縦隔、食道、気管支、甲状腺などにおける病気(悪性腫瘍、良性腫瘍、ウイルス感染など)によって起こります。片側の麻痺では声帯が完全には閉じなくなるために嗄声と共に誤嚥(ごえん)を起こしやすく、両側の麻痺では声帯が中間位で固定してしまうために喉頭の気道が十分に開かず、呼吸困難となります。気管切開が必要になることがあります。
ページトップへ戻る